彼女の仕事

職場の女性と付き合いたい!同僚から彼氏に昇格するための3つの方法

社会人になると、当然のことですが1日のほとんどを仕事に費やすことになりますよね。

外回りの人はともかく、内勤の人なら職場で過ごすことが基本になるでしょう。

いつもと同じ顔ぶれの同僚に上司…なんだか変わり映えのない感じですが「気になる女性社員」が出来ることあるものです。

私は職場の同じ部署の同期と付き合っているのですが、付き合う前は「ただの同期」でしかありませんでした。

ですが、彼の方は私に好感を持っていてくれたみたいで、付き合うために様々なアタックをしてくれていました。

今回は、私が同僚の彼氏と付き合うまでの経緯を元にして「同僚から彼氏に昇格するための方法」についてをお伝えしていきたいと思います!

ただの同僚から特別な存在になりたい男性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

>>PCMAXで手っ取り早く彼女を見つける!(R18)

職場の女性と付き合うとこんなところがいい!

職場の女性と付き合うための方法をご紹介する前に、まずは「職場の女性と付き合うことのメリット」についてをお伝えしていきます。

「こんないいことがあるんだ!」ということを理解して、アタックへのモチベーションを上げてくださいね!

共通の話題が多い

同じ職場に勤めているということは、それだけ「共通の話題」があるというものです。

社外の女性の場合、「総務の●●さんって真面目だよね」「〇〇部長と飲みにいったんだけど…」なんて話題を振っても「●●さんも〇〇部長も知らないし」となってしまうので、なかなか職場の話ができませんよね。

ですが、同じ職場の彼女だと「あー、わかる!」「部長と飲みに行ったんだ!」と積極的に話に乗ってくれます。

1日のほとんどを職場で過ごしていると、自然とデートや食事中の会話のネタが仕事または職場の話になりがちですが、同じ職場の彼女なら職場の話は「共通の話題」になるので退屈することはありません。

他にも、職場における「あるある」を話したり、ちょっとしとした職場のグチを言ったりしても、同じ職場の彼女だとよく理解を示してくれて話していてとても楽しいですよ。

デートの予定が組みやすい

他の会社や他業種の彼女だと、なかなか都合が合わずデートの予定が決められないなんてことがありますよね。

コッチの休みは週末でも彼女の休みは平日…なんてことになると、思うようにデートなんてきません。

ですが、彼女が同じ職場だとお互いの都合がよくわかるのでデートの予定もとっても組みやすいです。

「彼女の部署は月末は締め日で忙しいから、月初にデートしよう」「会社的に9月なら有給取りやすいから、2人で同じ日にとって遠出しよう」など、同じ職場なので相手の予定も把握しやすいし、逆に自分が忙しいときでも「そっち、今大変そうだもんね」と相手の理解を得ることもできます。

お互いの予定がわかりやすいので、もめ事も少ないしデートの予定も組みやすいなんて社会人の恋愛においては大きなメリットですよね!

>>PCMAXで手っ取り早く彼女を見つける!(R18)

職場の女性と付き合うための3つの方法をご紹介!

お次はいよいよ「職場の女性と付き合うための方法」についてをご紹介していきたいと思います!

気になる同僚の女性がいるという人は、ぜひお付き合いのための参考にしてくださいね。

仕事をしている姿を見せる

同じ職場に付き合いたい女性がいる人にとって、最高のアピールタイムは「仕事中」にあります。

仕事をするための場所なので、バリバリと仕事をしてその姿を彼女に見せつけていきましょう。

また、女性も「仕事を頑張る男性」にはトキメキを抱くものです。

私も彼がコワいと言われている上司と対等に仕事の話したり、ほかの部署の人への対応をスマートにこなしたりして、仕事に一生懸命取り組む姿を見て「スゴイ人!」と尊敬の念を持つと同時に「とても頼れる人」「誠実そうな人」と男性としての魅力を感じました。

仕事に熱心に打ち込み、なおかつ仕事が出来る男性というのは、女性から見ると「頼れる」「将来性がある」「付き合ったら引っ張てくれそう」といいところばかりです。

ちなみに、付き合ったあとに彼にその話をすると基本的には普通に仕事をしていたそうですが、私が見ているときにはちょっと意識して「頑張っている男」「出来る男」を演じてる部分はあったそうです。

演じていたと聞いてちょっと笑ってしまいましたが、動機は何にしても仕事をしている姿は単純にカッコいいですよね。

やる気のない男性や仕事をさぼろうとする男性よりも、「仕事を頑張っている男性」の詩型はとっても魅力的ですよ。

話す機会を増やす

職場は仕事をする場所なので、休憩時間以外は基本的には私語厳禁ですよね。

そのため、業務時間中は仕事に関係する話をする以外はなかなか会話をする機会がないものです。

業務時間中に関係のない話ばかり振っていると「この人、会社に何しに来ているんだろう」「仕事が進まないから、やめてほしい」なんて思われてしまいます。

ですが、仲を深めるためには会話は不可欠なので、積極的に話す機会は増やしていきたいところです。

仕事に支障をきたさず、話す機会を増やしたのであれば「昼休み」を狙っていきましょう。

お相手の女性が社内食堂などでランチやお弁当をとっている場合は、その食後を見計らって話かけてみることをおすすめします。

「食後じゃなくて、どうせなら食事も一緒にとれば話をする時間も多くなるのでは?」と思うかもしれませんが、女性はほかの女性社員と一緒にお昼をとることが多く、彼女にとって大事なコミュニケーションの場です。

そこに毎回男性が入ってきてお目当ての女性にばかり話しをしようとするとなれば、彼女の同性間のコミュニケーションタイムを奪ってしまう上に、彼女やアナタの女性社員間での評判は下がってしまうことでしょう。

そんなことにならないためにも、食後のひと段落したタイミングを狙うことがとても重要になってくるのです。

ちなみに、私の彼もそのパターンでよく話す機会を作ってくれていました。

私は食後に同期を別れたあとは自販機でコーヒーを買ってから自分のデスクで飲むのですが、彼はよく偶然を装って私の食後の時間を見計らって自販機の前にいました。

そこで軽く会話をして2人ともコーヒーを購入し、「せっかくだから一緒にデスクで飲もう」と誘われたものです。

午後の就業時間までのほんの10分から20分程度でしたが、それがほぼ毎日でしたので、彼が気になる存在になったのは時間はかかりませんでした。

ちょっとの時間でも話す機会が多くなると、相手に自分を意識してもらえる確率はかなり高くなりますよ!

会社の飲み会を活用する

歓迎会や送別会、忘年会や新年会…会社に入ると色んな飲み会が開催されますよね。

職場のエラい人なども参加する飲み会だと、お酒が飲めない人でも参加しざる得ないので出席率もとても高いことでしょう。

「会社の飲み会、だるいなぁ」と思う人もいることでしょうが、実は会社の飲み会は、気になる職場の女性と親密になれるチャンスでもあるのです。

いつもはあまり話せる機会がない人とも気軽に会話できますし、お酒が入っていて気持ちもオープンになっているので、気になる女性と一気に距離を詰めることが可能なのです。

私の友達も同じ職場の男性とお付き合いをしていますが、彼女が彼と付き合うきっかけになったのも、会社の飲み会でした。

彼はよく関りのある部署の人でしたが、業務中はいつもツンツンとした雰囲気を放っていて、どちらかといえば「苦手」な部類の人だったそうです。

ですが、彼女の部署と彼の部署の親睦を深める飲み会でたまたま彼と意気投合し、お付き合いに発展していったそうです。

飲み会で職場以外での彼の姿に触れ、深く会話をしなけれなお付き合いはなかったなと友達はよく言っています。

飲み会では素の自分をさらけ出してお相手にアピールする絶好のチャンスなのですよ。

まとめ

同じ職場の女性を好きになると「どうアピールしていこう」と悩む人がとても多いです。

基本的には「同じ職場」ということしか共通点はないので、その部分を最大限に活かしてチャンスに繋げていくことがとても大切です。

職場の女性と付き合うためには、業務時間中は「仕事をしている姿を見せる」、休憩時間やアフター5は「話す機会を増やす」「社の飲み会を活用する」などして自分の良さをアピールしたり、自分のことをよく知ってもらうようにしましょう。

しっかり仕事をしつつ、ステキな彼女をゲットもして、充実した毎日が過ごせるように頑張ってください!

>>PCMAXで手っ取り早く彼女を見つける!(R18)

ネットで出会う人急増中!業界トップクラスの登録者で出会いたい放題!
登録無料!
可愛いセフレ作るならPCMAX!
登録無料!